視力向上の方法・回復センター

視力を向上させるトレーニング方法や、視力低下を防ぐ知恵をご紹介!

サイトトップ > 運転免許の視力検査について〜視力0.3と0.7

運転免許の視力検査について〜視力0.3と0.7

運転免許の視力検査は、安全運転のためには絶対に必要な視力検診です。いまや日本では近視人口が多くなりましたから、多くの人にとって、車の免許更新は、嫌な行事ではないでしょうか?

運転免許の視力検査では、小学校や中学校の視力検査(学校検眼)で使うような視力表を使用します。ランドルト環というものですね。あるいは文字のこともあるかもしれません。

最近では、職場の視力検査でも覗くタイプの視力検査が主流のようです。

さて運転免許の視力の検査では、視力0.7以上が必要だということは、知っている人も多いでしょう。ただし、これは両眼視力です。この場合、左右とも視力0.3以上である必要があります。

もし片目が視力0.3以下の場合は、もう片方の眼が機能していれば、運転免許の視力検査をパスすることができます。片目が視力0.7以上であり、なおかつ左右方向の視野が150度以上であれば、車の運転をゆるされています。片目が両目の機能を果たしていれば、OKとするわけですね。

でも、よく考えて見ると片目だけの運転は危険極まりないですね。立体感や遠近感がなくなりますから、いろいろな状況判断が要求される車社会では、大変でしょう。

運転免許更新の視力検査は、嫌なものですが、これは安全運転のため。自分のためにも、人に怪我をさせないためにも、堂々とパスして、快適なカーライフを送っていきたいものです。

視力向上の豆知識一覧