視力向上の方法・回復センター

視力を向上させるトレーニング方法や、視力低下を防ぐ知恵をご紹介!

サイトトップ > 視力強制の方法とは?〜メガネやレーザー治療

視力強制の方法とは?〜メガネやレーザー治療

視力強制の方法には、メガネやコンタクトレンズといった眼科矯正器具がまず思い浮かびますよね。

そのほかには、寝る前に特殊なハードコンタクトレンズを装用するオルソケラトロジーでしょうか?これは視力回復コンタクトの愛称で知られています。これも角膜の表面を変形させているだけですから、視力の強制です。

オルソケラトロジーやオサートは、毎晩コンタクトレンズを着用しますから、まだ視力の強制をしているな、という自覚はあります。

ところがレーザー角膜屈折矯正手術であるレーシック治療になると、視力を強制しているという自覚がなくなるようです。なぜなら、今まで装用していた強度近視の分厚いメガネをしなくて済むし、わずらわしいコンタクトのケアから開放されて、しかも裸眼でものがハッキリ見えるからです。

しかし実際はというと、けっして視力は回復していないのです。メガネやコンタクトレンズの力を借りて、視力回復したという人はいないでしょう?レーシック手術やラゼック、PRK手術は、角膜表面をエキシマレーザーで削っているだけですから、視力の強制なのです。

近視矯正用のメガネやコンタクトレンズは、中央部が薄く、端に行くほど厚みが増す凹レンズです。これによって、網膜の手前で結んでいる焦点を網膜上まで延ばしているわけですね。

実はレーザー治療であるレーシック手術なども、角膜の形を凹レンズ化しているだけです。レーシックでは角膜中央部をレーザー照射して削っています。凹レンズのようにしているわけです。いってみれば角膜自体にメガネレンズの凹レンズの役割をさせているわけです。

眼球内に人工レンズを埋め込むフェイキックIOLでも同様です。これはコンタクトレンズのような凹レンズを、角膜と虹彩の間に挿入するだけです。これも視力強制です。

これ以外のものを、視力回復というのです。
眼科の通電療法をはじめとして、東京視力回復センターへの通院、民間のマジカルアイとかピンホールメガネ、眼筋トレーニングなどですね。川村明宏博士のジニアスeyeも視力回復トレーニングになります。視力の強制をしなくても、自分の目の筋肉の力だけで、視力をアップする方法です。

視力向上の豆知識一覧