視力向上の方法・回復センター

視力を向上させるトレーニング方法や、視力低下を防ぐ知恵をご紹介!

サイトトップ > 視力向上ヨガって?〜体から調整する

視力向上ヨガって?〜体から調整する

視力向上ヨガという本が、店頭に並んでいるのを見かけるようになりました。なんだか怪しいですが・・・。

視力向上ヨガは、パラパラと見てみましたが、いろんなポーズをとっていますね。まあ通常通りのイメージです。

ヨガといえば、ある特定の姿勢をとって静止して、呼吸をゆったりと保ったりするというイメージがあります。ときには止めたりもするのでしょうか?

視力向上ヨガは、おそらくは体のゆがみ、とくに脊椎を中心としたゆがみを調整することによって、神経や血管の圧迫をなくして、血流をよくして、さらに自律神経も調整するのでしょう。

それによって、目も体の一部ですから、当然目のなかにも体に流れているのと同様の血液が流れ込んできます。体の血流がよくなれば、目の血行もよくなるのです。

また、たしか目の運動もあったと思います。
目の周りには外眼筋があり、目を上下左右、あるいは回旋などをする役割があります。と同時にベイツス理論では、外眼筋が眼球の形に影響を与えているといいますから、外眼筋を鍛える視力向上訓練は、視力の回復に大いに効果があるでしょう。

呼吸をゆったりして、リラックスすることは、瞳孔を小さくし、涙を分泌させます。近視の人は、瞳孔が大きいといいますから、この点からもリラックスすることは有効であるといえるでしょう。

視力回復ヨガは、はたから見ていると、ストレッチのようにも見えます。真向法なんていうのも、ありましたね。ストレッチでも呼吸を止めないように指導します。

ストレッチングは、どちらかというと全身の筋肉をゆっくりと伸ばす感じですが、ヨガは、骨の位置を元に戻すイメージがあります。そうなると、最近はやりの整体と共通点があるかもしれませんね。

ただヨガは、食事法もあり、断食もあると聞いています。
あまり突き詰めると、かなり怪しい分野に入っていくと思うので、そういった線引きさえすれば、視力回復ヨガは、健康にも目にもいいと思いますよ。

視力向上の方法一覧