視力向上の方法・回復センター

視力を向上させるトレーニング方法や、視力低下を防ぐ知恵をご紹介!

サイトトップ > 視力回復運動ってどんなの?〜目のエクササイズ

視力回復運動ってどんなの?〜目のエクササイズ

視力回復運動とは、目の筋肉を動かす目のエクササイズのことです。

視力の向上のためには、じっとしていてはダメです。
たとえば目を閉じていたり、手のひらで目をおおうパーミングという訓練だけで、視力をアップさせることは困難です。視力0.01というような強度の近視を完全に回復させることは、これだけでは難しいでしょう。

視力回復運動は、近視改善の基本です。
目はじつは筋肉のかたまりのようなものです。眼球の周りには外眼筋が6本(両目で計12本)取り巻いています。光を調節する虹彩筋、遠近にピントを合わせるために、水晶体の厚みを調節する毛様体筋。目には三つの筋肉があるのです。

視力回復運動は、これらの目の筋肉を鍛えることが目的です。近視とは、長時間近くを見ることが習慣になった結果、目の筋肉が衰えていると推測できます。

近くを見ると、近くの同じ距離なので、毛様体筋はずっと緊張をしいられます。これは一見、力をこめているわけですから筋肉が強化されているように思えますが、じつは毛様体筋が弱体化しているともいえますね。

手もとの本は狭いので、ずっと近くを見ていると、視野がせまくなります。これも近視の原因になります。せまい範囲を見ているということは、眼球があまり動かないことに。これが外眼筋の運動不足になります。こうなると外眼筋が弱ってきます。

ベイツス説では、外眼筋の斜筋が眼球の腹を締め付けるために、眼軸長が延長するという仮説をたてます。そのほか外眼筋が弱体化するために、眼圧が眼筋の直筋にまさってしまい、前方に眼球が伸びたとも考えられます。

とすると視力回復運動を実践することで、外眼筋が強くなれば、四本の直筋が眼球を手前にひきつけて、眼球をもとの形に戻してくれる可能性があります。

毛様体筋の視力回復運動は、かんたんです。
近くと遠くのものを、順番に交互に見比べるだけです。毛様体筋は、不随意筋といっても、遠くや近くを見るという行動を仲介して、コントロールできるのです。もちろん目を閉じたままで、毛様体筋を緊張・弛緩させることはできません。

外眼筋の視力回復運動も、同様にとても簡単な目のエクササイズです。たとえばパソコンの四隅の角を視線で結ぶのです。視点移動ですね。要は目を動かせばいいのですから、部屋のなかのいろいろな小物に次々に目を移していってもいいのです。

視力回復運動は、このように自宅で一人でも簡単にエクササイズすることが可能です。とくに視力回復の本とか、マジカルアイ、ピンホールメガネなどの視力回復グッズは必要ないのです。超音波治療器ソニマックも同様の原理で、目を運動させないので、疲れ目解消程度の効果は期待できるかもしれませんが、視力は向上しないでしょう。

そのほか覗くだけという視力回復の機械がネット上の通販で販売されています。たとえばスーパービジョン、ビジョンブライト、メガトレ、アイトレーナー、Dr.Rexとかですね。こういったものを使わなくても、前述したように、家で無料で視力回復トレーニングはできます。

視力回復運動で注意しなければいけないのは、動体視力トレーニングと混同しない、ということです。たとえばニンテンドーDSには、「DS眼力トレーニング」という視力ソフトがありますが、これはスポーツのパフォーマンスを上げるためのパソコンソフトです。視力が向上するわけではありません。いわゆるスポーツビジョンの領域ですね。

でも同じ任天堂DSでも新日本速読研究会の川村博士が監修している「もっと目で右脳を鍛えるDS速読術」は、あなたの視力を回復させる力があるでしょう。

以上述べてきた視力回復運動の極意は、じつは川村博士のジニアスeyeという視力回復の極意書に詳細に記されています。眼からうろこの情報が満載です。私もいろいろな視力回復運動を見てきましたが、これがもっともシンプルで、もっとも効果がある方法と思えてなりません。

視力向上の方法一覧